スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館で戦争

毎日暑いですね。
しかも、西日本は大雨とひどいところもあるようで。

私は北の大地住まいなので、昨日になってやっと雨が降り出し、
じめじめ+暑さでかなり参っております。

なにせ、北の大地・・・大抵の家はエアコン(冷房)をつけてません。
我が家もご他聞に漏れず扇風機で夏を乗り切るんですが、
今年はねっとりと暑いので扇風機を回しても風がぬるく地獄のようです。
(本州に比べたらめっちゃ涼しいのかもしれませんが・・・。)

おかげで学生時代にエアコンがある
図書館で涼んでいたことを思い出しました。
14-0801-m01.png
※フレさん家の巨大魔法書の前で撮影。

本日は『図書館』が絡んでくる物語のお話です。
パペガ・マジカ・アヴァがメインのブログのため本文はたたみます。
読みたい方だけどうぞ。

   




あたしは『王子様』のような図書隊員になりたいんです!
tosyokan_s.png

★図書館戦争シリーズ(文庫1~6)/有川浩
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。
▼▼コミカライズもされてます!▼▼
図書館戦争 LOVE&WAR 12 (花とゆめCOMICS)


前に『 植物図鑑 』を読んだ話をした。これはそちらと同じ作者の作品。
次に『レインツリーの国』を読もうと思ったが、
こちらの『図書館戦争』にて、図書隊員がある女子高生に
おススメした本として『レインツリーの国』が物語に登場してくるらしく
まずこちらを読んでみることにした。

まずは1冊と『図書館戦争』を手に取った。
んが、面白すぎて『図書館内乱(図書館戦争2)』、
『図書館危機(図書館戦争3)』と順番に1日1冊ペースで読み終えた。
仕事がなかったら寝ないで1日3冊くらいずつ
2日で一気読みしたかもしれない。

正直、この間パペガやマジカやってない・・・。アハハ!

この作品、アニメ化・映画化・コミカライズもされていて超・有名だったらしい。
主人公女子の体育会系の猪突猛進が物語をどんどん進めていく。
脇を固めるキャラも濃い。(個性的)
本を狩られるっていうゆがんだ社会の
恐ろしさや悲しさっていう重いテーマも抱えつつ
まったく暗くならないのはひとえに主人公たちのパワーだと思う。

舞台は『メディア良化法』のある日本。
日本憲法第21条に『検閲の禁止』があるにもかかわらず、
『メディア良化法』は書籍発行後の検閲は検閲にあらずと定め、
『メディア良化法』に抵触する言葉を掲載した書籍を
出版社から書店への搬送時や書店そのものから
販売中の書籍を回収し、処分するという世界になっていた。

『メディア良化法』を執行するメディア良化委員会は、
徐々過激化、反抗するものに武力行使を行うようになる。

図書館も『メディア良化法』に抵触した本を奪われることとなり、
ある事件をきっかけに図書隊を編成し
メディア良化委員会と抗争するようになっていた。

主人公、笠原郁(かさはら・いく)
身長170cmの大女。

彼女は図書隊員の新兵として訓練に励んでいた。

彼女が『図書館隊員』を目指したのは、
高校時代に書店で本を買おうとしたところへ『メディア良化委員会』が現れ
『検閲』と称して本を取り上げられそうになった時、
若い『図書隊員』が「見計らい処置」(図書館預かり)を
執行し店の本を守ってくれたから。

本を守ってくれた図書隊員を『王子様』と慕い・憧れ
本を守るべく『戦闘部』への配属を希望したというところだ。

だが、残念なことに、『王子様』の顔を
まったく覚えていなかった・・・・。


そんな新隊員の郁をまるで目の敵のようにしごく
鬼教官、堂上篤(どうじょう・あつし)
身長165cmのチビ。


郁は身体能力が高く、どんな訓練でも
男子に混ざって上位に食い込み、女子ではぶっちぎりの1位だ。

それなのに堂上ときたら、
郁がゴール後にぶっ倒れたら腕立て伏せとか、
何かにつけて郁に罰則のおまけをつけてくる。

クソ意地の悪い、チビ教官! と
郁が吠えるそばで、同室の柴崎麻子(しばざき・あさこ)は
「堂上教官、素敵ってちょっと素敵よね~」と真逆の意見を発する。
※柴崎は自他共に認める美人。小柄で華奢な女子。

怖いもの知らずの郁は堂上にくってかかることもしばしば・・・
ある時は逆上のあまり
堂上の背中にドロップキック!!

そんな新兵訓練も終わり、郁は図書隊の中でもエリート戦闘集団、
『図書・特別部隊(ライブラリー・タスクフォース)』に配属される。
しかも『特別部隊』初の女隊員の誕生だったのである。
ちなみに同室の柴崎は非戦闘部署(一般的な図書館業務)へ配属。

期待を胸に『特別部隊』へ・・・
そしたら、また堂上の下に配属された!

さらに同期No.1の成績の手塚光(てづか・ひかる)と同じ班。
同期だからなかよくやろうとする郁に対し、手塚は感じ悪い態度。
どうやら座学はてんで駄目な郁が『特別部隊』にいることが許せないようだ。
敵が2匹に増えてしまったのだった。

ここまでだとコメディとしか思えないんだけど・・・

メディア良化委員会の行動は国の機関の取締りとは思えない鬼畜な所業。
夕方(営業時間外)や夜中に夜襲をしかけてくるは、
私設図書館からの蔵書の移送は戦場になるは・・・
かなりハードな局面多数。

毎回、細かい事件(図書館内での痴漢や窃盗)なども交えながら、
メディア委員会との大きな戦いへと坂を転がるように展開していく
テンポの良さは小気味よく、ハードボイルド路線の話が
郁や柴崎、手塚の同期3人の家族関係や恋もからめつつ、
ハードになりすぎずに仕上がっていて読みやすい。

ネタばれになるので詳細は書かないが、
私はこの話の中の稲嶺司令と玄田隊長(特別隊隊長)が好きだ。
まったく異なる個性のおっさん達だがこの2人のおっさんがいて、
郁や堂上が輝いてくるってなもんだ。

そしてこの2人は大いなる覚悟を持って仕事をしている。
この潔さは実にカッコいいのでぜひ若い人に読んでもらって
素敵なおっさん・おばさんになって欲しいと思う。
※もうおっさん・おばさんじゃ、頭固いからむりだと思うので・・・。

(郁の馬鹿さに)笑って
(メディア良化委員会に)怒って
(郁の一途さに)感動する・・・。

良いお話であった。


ちなみに5・6巻は別冊で短編集。
本編(1~4巻)のその後のお話でこちらはベタ甘・ラブコメ路線。
作者自身、5・6巻を読まなくてもなんら支障はないので
ベタ甘が苦手な方は避けたほうがよいかも。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://komonozuki.blog.fc2.com/tb.php/2404-ee6cb989

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ポー

Author:ポー

ようこそ!当ブログへ!

パペガで分かった事を記事にしてきました。

パペガを知らない人は↓クリック
パペットガーディアンって?

『パペットガーディアンの歩き方』や『各塔の内容』『武器について』『用語集』として分類しています。パペガ初心者さんの参考になれば幸いです。ご利用は『サイト内検索』で『もくじ』を検索してください。読みやすいように各項目の『もくじ』から各ページへリンクしてあります。



最近の記事

カテゴリー


歩き方、各塔の内容、用語、武器、それぞれ「もくじ」ページがあるので、サイト内検索で「もくじ」を検索でもOK!


妖しの部屋は、パペガ・マジカ以外で管理人の好きなもの話。
読みたい方だけ折りたたみ記事をお読み下さい。

<PR>



人気コミックを1冊100円~
お手軽レンタル、漫画を
楽しむなら電子貸本Renta!

最近のコメント

Twtter♪

更新はあまりしていませんが、こちらもどうぞ。


ランキング参加中


ポチッと押してください
m(_ _)m



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

リンク

FC2無料サービス

登録料無料のFC2の便利なサービスを紹介。


ブログ
このブログは▲FC2ブログ
自分流ブログに最適!

カウンター
簡単カワイイ▲カウンター
色々なブログに貼れるよ♪

FC2ブログランキング
ブログを宣伝▲ランキング
FC2ブログ以外もOK!

QRコード

QR

By FC2ブログ

サイト内検索

オススメ本

ブログの世界で遊ぼう!



▼ ▼ ▼ ▼
▼パペガ攻略&アイテム▼
Puppet Guardian @ Wiki
アイテム帳 @ Wiki
※マジカのアイテムも一部掲載

▼マジカロス攻略▼
Magicaloss @ Wiki

▼アヴァロン攻略▼
魔法学校アヴァロン Wiki

▼パペガ&マジカ開発ブログ▼
http://blog.artifact.jp/

おこづかい貯めよう!

▼クリックするだけでポイントが!


オンラインゲーム課金に
すでに30億円換金実績

げん玉

ポイントのため方は下記ブログへ
(フレのサイトです)
特にげん玉利用法を参考にどうぞ!

FC2カウンター

マジカロスの部屋


★1の部屋★
100926myroom01

★2の部屋★
100926myroom02


※どちらもクリックで拡大♪

写真・イラスト探すなら

絵を描くのが好きでちょこっと出品中。

カラメル♪


北海道の白樺を蒸留した
白樺ウォーターから生まれた
手作り石鹸

 
 

 
 

新しい贈り物の形

メールアドレスで荷物を送ろう!
メルアド便なら住所氏名知られず
安心配送!

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。